12月のお題は…『ローキー』

藤里 一郎師範(女性ポートレイト道場)
なんだかあのテーマソングが流れてきて・・・走り出したくなって、「エイドリアーン」って。もう!それはロッキーだって!(笑)さて、気を取り直して。12月は「ローキー」なポートレイトに挑戦してほしい。まず単なる暗い写真、アンダーな写真とはかけ離れているという事を意識して欲しい。失敗ではなく暗さを意識すること。ローキーの中にどんなドラマを入れこむか。光を見られるかがポイント。師範の作品では、暗い背景とゆるやかな優しい光を見つけ、あえて黒い衣装をチョイスした上で瞳にうつるかすかな光で艶っぽさと憂いを表現してみた。吸い込まれそうでもっと見たい!と気持ちが動くはず。さぁ、今月もどしどしかかってきなさい!押忍!

 

 

藤里一郎 師範からの12月のお題は『ローキー』でした。
このお題に対して挑戦してくださった方の作品と、師範からの添削コメントを併せてご紹介します。

 

12月の挑戦者その1:tatsuya.bmpさん

人物のシルエットに沿う光の線が気に入ってます。

tatsuya.bmp
大阪府在住。COLORFULな世界を表現したい休日フォトグラファーです。PENTAX K-S2とsmc PENTAX-DA 50mmF1.8で撮影。

 

師範の判定結果は・・・

 

残念ながら

藤里 一郎師範からの添削コメント

 

おお!実に印象的な作品です。ラインライティングがこんなに決まるのも珍しいですね。良い瞬間を押さえました。モノクロームではないのですが、モノクロームな印象というのもローキーの楽しさでもあると思います。

ただ、ほんの少し顔の様子が出るとよりドラマに引き込まれるのでは?と思いました。そして1番気になるのが画面右側のハイライト。これがなかったらすっきりとモデルさんのシルエットと左側の特徴的な光で構成されたかと思います。よって門前払い!

12月の挑戦者その2:ぱきさん

暗い部屋のなかで窓から差し込む光に、女性らしさを表現することを意識して撮影しました。

ぱき
大阪府在住、男性。写真を撮ることが好きで、色々な被写体を撮影しています。レンズ交換式カメラはペンタックスしか使ったことがなく他のカメラを知らないのですが、非常に満足しています。PENTAX K-1とHD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AWで撮影。

 

師範の判定結果は・・・

 

残念ながら

藤里 一郎師範からの添削コメント

 

これはローキーの意味をしっかり捉えてくれた作品ですね。実にステキです。柔らかに射し込む光を捉え、少し湿度のある描写をしてくれました。横顔の鼻筋、唇の艶、顎の色気、充分な作品です。

しかし気になるところ、これが問題です。まず、ゆったりニットはとてもセクシーだと思いますが、肩を出せばセクシーでしょ?な図式がどうでしょう。それゆえに、反対側のニットで首が苦しそうですよね。

また、ニットの裾から覗く脚ですが、生足にも見えますがスキニーパンツをはいているようにも見える。これは残念。どうせならちゃんと「肌感」は出して欲しいですね。

それと、頭と手が切れています。意味がある頭切りは良いですがこの場合詰まった画という印象になっている気がします。もう少し寄れればよかったですね。よって門前払い!

 

今回はあえなく2名が『門前払い』となってしまいましたが、師範のコメントをご参考にしていただき今後も撮影を楽しんでいただければと思います。

また、「門前払い ミニ木札」をお贈りします!



ぜひ以降のお題にもチャレンジしてみてください!

>>1月のお題はこちら