1月のお題は…『モノクローム』

藤里 一郎師範(女性ポートレイト道場)
明けましておめでとう!さぁ、みんなはお正月という時間をどうお過ごしかな?道は空いてるし街も空いていたりする。そう、こんなにポートレイトに適した時期もないかもしれないのだ。是非出かけてみることをオススメする。ということで今月のお題は「モノクローム」だ。単に白黒にしたらカッコイイじゃん?とか、オシャレに見えるじゃん?というのは、実は面白くない。本当は色をモノクロに置き換えるという実に頭を使う作業なので、経験と作画能力がないと面白みに欠ける作品となるので要注意だ。今回はみづきちゃんを少し色っぽく捉えてみた。白、グレー、黒の階調の中、どこに居てもらうかがキーポイント。1番ニュートラルに表現されるグレーの部分に顔を持ってくる。そして柔らか、かつしっかり射し込む陽のチカラを感じながら、左に伸びる影がポイントだ。モノクロームはずばり「光と影」なのだ。さぁ、みんなの挑戦を待っているぞ!

 

 

藤里一郎 師範からの1月のお題は『モノクローム』でした。
このお題に対して挑戦してくださった方の作品と、師範からの添削コメントを併せてご紹介します。

 

1月の挑戦者その1:tatsuya.bmpさん

高架下にさす光を利用して撮影しました。

tatsuya.bmp
大阪府在住。趣味で週末写真を撮ってます。PENTAX K-S2とsmc PENTAX-DA 50mmF1.8で撮影。

 

師範の判定結果は・・・

 

残念ながら

藤里 一郎師範からの添削コメント

 

とても印象の強い作品です。高架下での撮影とのこと、あたかも「舞台女優」さながらの照明となりました。しかし、左奥に写っているかすかな情報だけでなく、もう少し高架下である何かが写っていたりすると臨場感が増したかな、と思いました。

また逆に黒い背景だけの方が印象が強かったかもしれませんね。あとは光質がかなり硬いので髪の毛が残念なことにスチールの様になってしまいました。かなりコントラストも高いのでカーディガンの毛玉やお腹周りのシワに目がいってしまうというもったいないことにも。指先が少し欠けているのも気になりますね。ちゃんと入れるか、思い切って切るか。切るのなら先を連想させる何かが欲しいところ。

女性の美しさは何処にあるのか。それを演出して引き出してあげて下さい。よって門前払い!

1月の挑戦者その2:キナコマニアさん

モデルさんを、シンメトリーに撮りたくてチャレンジしてみました。

キナコマニア
広島県在住、男性。カメラを始めて3年目。ポートレートを始めて1年目です。PENTAX K-S1とsmc PENTAX-DA 35mmF2.4ALで撮影。

 

師範の判定結果は・・・

 

残念ながら

藤里 一郎師範からの添削コメント

 

シンメトリーがとても綺麗な作品ですね。そしてハイキーな印象もなかなか良いと思います。

しかし、これモノクロである意味ありますか?少し暖かみあるアンバー系なカラーの方が良かったのではないか、と感じました。全体がグレーで統一されている感じですが、足下の黒が重いのです。ここまでやるのなら薄めの色のタイツ、靴で全体をグレイッシュにまとめられたら世界観でたかな、とも思います。

あとはモデルさんのウィッグ感が不自然ですかねー。モノクロは光と影を作る。もしくはグレイッシュにまとめる。色がない分色、しっかりトーンを見て仕上げてください。よって門前払い!

1月の挑戦者その3:taka-jinさん

晴天に恵まれ室内の明かりが強すぎたので、あえて白飛びさせてみました。

taka-jin
愛知県在住、男性。休日カメラマン。シャッターを押している時が好き、でも現像は苦手です。PENTAX K-1 Mark IIとPENTAX-FA 77mm F1.8 Limitedで撮影。

 

師範の判定結果は・・・

 

残念ながら

藤里 一郎師範からの添削コメント

 

あー、惜しい。惜しい。いい雰囲気ではありますが惜しさ満点です。暖かな日射し。いい光を見つけましたね。

でもここまで白飛びの面積が多いとさすがにそっちに目がいってしまいます。大幅に下の部分をカット、飛んでいるのは頭の右側と後ろの部分になるようにトリミングしたらどうでしょう?(もちろん撮影時にフレーミングするのが好ましいです)

髪の毛の柔らかさ、アンニュイな表情、唇を捉えているのに本当にもったいない。あと、なぜ客観視の視点なのでしょう。こんなに魅力的な子ですから主観視してください。ちょっと一緒に寝そべってみるとか、この表情を引き出して欲しいな、と思います。

あとは手がどこにいっているのか、これも妄想させるには情報が足りない。撮っているだけでなくその奥に何が写るか。そう意識しながら作品に挑戦していってください。門前払い。

 

今回はあえなく3名とも『門前払い』となってしまいましたが、師範のコメントをご参考にしていただき今後も撮影を楽しんでいただければと思います。

また、「門前払い ミニ木札」をお贈りします!



 

ぜひ以降のお題にもチャレンジしてみてください!

>>2月のお題はこちら