こんにちは、Yuzuです。前回の記事>>K-3 Mark IIIはブラックか?シルバーか?そこが問題だ(Yuzu)ではK-3 Mark IIIのカラーに悩んでおりました。

 

悩んだら悩みの根幹からつぶしにいくスタイル(無論、仕事や人間関係はそう容易くありません…)

 

ずいぶん月日が経ちましたが、結果的にシルバーを発売日に入手、その後順当にブラックを入手しまして、悩みごとは無事解消された次第です…。

 

さて、これまでK-1、K-1 Mark IIをメインに愉しんでいたこともあり、画角や使い勝手がK-3 Mark IIIでもしっくりくる手持ちのレンズがあまりありません。

あらためてレンズシステムを見直す良い機会になりました。

標準域は開放F値も明るく、サイズもコンパクトなFA LimitedレンズのFA 31mmF1.8(35ミリ判換算47.5mm)、43mmF1.9(66mm)でカバーすることを決めていたので、コンパクトな広角レンズを求めていました。

そこで手を出したのはこのレンズ。

HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited

15mm(35ミリ判換算23mm相当)、いちばんワイドなDA Limitedレンズ

 

超コンパクトかつ歪みの少ないことが特長のこのレンズ。開放F値はF4と単焦点レンズとして考えてしまうと決して明るいレンズではありませんが、スナップなんかでは軽快に撮影できるサイズ感が魅力です。

「レンズを選ぶポイントは明るさだけじゃないんだぜ?」そうレンズに言われている気がするのが、DA Limitedレンズたち。

 

ちなみにK-3 Mark IIIのブラック、シルバーに合わせていくために、Limitedレンズはブラックで揃えはじめました

 

F8まで絞り込んで、被写界深度のF8指標のなかに「1m~∞」をおさめてしまえば、ピント位置を気にせず構図と光だけを気にして歩き回り、シャッターチャンスに即座に切り取るみたいな愉しみ方も。

日常使いにも

なんとなく都会的なスナップを撮りたくなるこのレンズですが、日常の家族との時間を撮るのにもちょうど良いです。

 

夏に全然おでかけできなかったので、8月最後の悪あがきで川遊びへ行ったときの一枚。一歳児がうらめしそうに見ています

 

男の子は電車が好きなんですねー。僕はよくわからないんですが、ずっと見てます

 

広角レンズ全般に言えることではありますが、広大な風景を撮る以外の用途だと被写体にグイっと踏み込まないと散漫な感じになりがちです。

 

公園で木の陰に隠れてひょっこり。子供を撮るときは子供の目線で撮ってあげたほうが良い感じの写真になりますが、親から見た「かわいさ」を表現するには広角レンズでちょっとアングル高めでパースをつけてあげると良いです

 

手前に樹木とか壁を入れて奥行を出してみるのも良いと思います。

 

カスタムイメージ「モノトーン」に暖色の調色効果を加えてセピア調に

 

肩車をされている状態の息子を下からノーファインダーで

 

DA Limitedレンズたちは小さなレンズなので、カメラを首や肩にかけて子供と遊びながら撮影するのも向いてます。

レンズ本体から伸縮式のレンズフードにかけて先すぼまりの形状のため、ラフに構えたときにうっかり指がフレームインしてしまうことにだけは注意です。笑

 

仕事でロケの合間に撮った、海辺の空

 

とっても小さくて優美な広角レンズ。

僕は31~50mm付近の単焦点での撮影がメインなので「別に使わなくても良いや」というくらいの感覚でバッグやポケットに突っ込んでおくと、意外に重宝する存在になりそうです。

 

〔こちらの記事でご紹介した製品の情報はこちら〕

>>PENTAX K-3 Mark III製品ページ

>>HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited製品ページ