新納 翔 師範より投稿作品について

私は東京の移り変わる風景を切り取って作品制作をしております。ただ一口に景色といっても切り取り方、テーマの持ち方で同じ場所を撮ってもそこから様々な作品を生み出すことができます。

再開発などで目まぐるしく景色が変化しているのは東京だけの話だけでなく、日本中どこでも同じです。大なり小なり変わる風景を切り撮ることこそ、写真のもつ記録性であります。特別な場所に出かけて撮るのではなく、自分の知っている身近な場所から作品になりえる景色、被写体を探してもらう、そういう視線を常に持つことが重要なのです。その記録性に皆さんの持つ芸術的センスを加えることで、ただの記録写真から作品と呼べるものになるのです。本道場でそういったセンスを磨きレベルアップしていきましょう。

4月のお題は『気配を撮ろう』

新納 翔 師範より「お題について」

人を撮るのに必ずしも人が写っている必要はありません。誰も写っていないからこそ、人の存在を感じる写真もあります。写真家・中野正貴さんの作品「TOKYO NOBODY」はとてもいい例です。今回は、そういった「人の気配」を写真に写し込んでください。お題のポイントとしては人物が写っていないこと、それでいてその写真から人の存在が見る側に伝わってくること。作品のクオリティに加え、その点を審査基準とします。皆さんがどういう工夫をこらすか、またはストレートに来るか、楽しみにしております。

4月のお題『気配を撮ろう』

投稿受付中(4月30日まで)

※投稿にはリコーイメージングフォトIDが必要となります。
お持ちでない方はお手数ながらご登録をお願いします

 

5月のお題は『自分だけの夜景』

 



新納 翔 師範より「お題について」

夜景写真というとどのような写真をイメージしますか?都内だと東京駅や高速ジャンクションなどといった構造物や長時間露光による光の軌跡などを見ることが多いですが、自分の街のなんでもないところの夜景というのも面白いものです。夜は昼間みせない全く違う顔を持っています。今回のお題は夜景ですが、その撮り方にルールはありません。三脚で撮影するのもありだし、なんなら自動販売機の明かりを使っても良いです。そういうアイディアも作品を見るポイントですからね。

5月のお題『自分だけの夜景』

 

6月のお題は『電線のある風景』

新納 翔 師範より「お題について」

電線がどんどん地中化されていく中、このお題は50年後だったら出せないかもしれません。何気ないものでも今しか撮れない景色ということで今回はこのお題を選びました。そう思うと特別なものに見えてきませんでしょうか?それを自分なりに写し撮ってください。後世に残る電線写真、お待ちしております。

6月のお題『電線のある風景』

 

7~9月のお題は後日発表!